以前日本では、6月3日を「ムー(6)ミン(3)の日」と呼んでいたそうです。これは単なる語呂合せなので、日本人にしか通用しません。そこで、著者Tove Janssonの誕生日(8月9日)を世界共通ムーミンの日にしたそうです。

 

なんだか、商魂たくましい売り込み戦略のような気もしますが、、、

 

YouTubeに「Adventures from Moominvalley EP72: Moomin And The Dolphin」という動画がありました。テレビアニメですが、非常に聞き取りやすいです。アニメというより、本の朗読に近いような気がします。洋画もこのぐらい聞き取れたら嬉しいのですが。

 

この動画に何度も出てくるincantationは呪文という意味です。さて、私は夏バテ状態なので、今晩はここまで。おやすみなさい。

 

【追記】
ムーミン・シリーズの原作はスウェーデン語で書かれています。スウェーデン語ではMumin、フィンランド語ではMuumi、英語ではMoominです。よく、「日本人は英語が話せない」という雑誌やウェブ記事を見かけますが、今の中学3年生は英語を話せます。ただし、スピーキング技能はCEFR A1レベルです。A1はヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)で一番下のレベルですが、英語が話せます。

 

一方、スウェーデン語やフィンランド語を話せる日本人は極めて少ないです。そもそも、この2つの言語を区別できる人がほとんどいません。私の場合、電車の隣の席でスウェーデン人が何か話していても、それが何語か全く分かりませんし、スウェーデン語の文字がいくつあるのか、それすら知りません。たとえ、自分の指を折られても眼球をえぐり出すような拷問を受けても、スウェーデン語を話すことはできません。でも、英語ならSTOP!と叫ぶことができますよ(苦笑)。

政府は「Go To トラベル」を推進していますが、7月29日の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規感染者は全国で1260人でした。岩手県では初の感染者が報告されました。こんな状態で「Go Toキャンペーン」をいつまでやるつもりなのかな?その一方で、アベノマスク8000万枚の追加配布に批判殺到「ありがた迷惑」という記事が、、、

 

そうでしょうね。誰でもそう思うでしょう。海外の格付け機関Fitchも、日本の格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げました。仕方がありません。ありがた迷惑な愚策をゴリ押ししていると、海外からの評価も下がるでしょう。

 

Rating agency Fitch on Wednesday lowered its outlook on Japan's long-term foreign currency debt rating to negative from stable, citing the heavy blow from the coronavirus crisis and rising public debt as policymakers try to get the economy back on track.
格付け会社フィッチは29日(水)、日本の長期外貨建て債務格付けの見通しを「安定」から「ネガティブ」に引き下げた。

 

新規感染者だけでなく、借金も増えています。

 

お盆の帰省ラッシュまで、あと2週間です。二週間後に日本のSARS-CoV-2感染者が何人になるのか、考えただけでも気が滅入ります。下図を見る限り、感染拡大の勢いが衰えるとは思えません。「Go To トラベル」 or 「Go To トラブル」?

 

 

JIJI.COMによると↓
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(coronavirus subcommittee)の尾身茂会長は29日の衆院国土交通委員会で、「Go To トラベル」を先延ばしするよう政府に申し入れたが、受け入れられなかったそうです。尾身茂さんは医師ですから現状をきちんと把握しています。ところが政府は・・・

 

うちの近所のスーパー(grocery store)では、買物客の9割以上がマスクをしています。政府の偉いさんから強制されなくてもマスクを着用しています。もちろん、スーパーの従業員はマスク着用で業務に従事しています。

 

最寄のスーパーではマスク1枚の値段が50円ぐらいです。100円ショップなら3枚100円で買えます。決して品薄ではありません。それなのに、今時、アベノマスク配布?

 

それはともかく、この現状が続けば、お盆に帰省できない可能性が高いです。マイカーで帰省する人は構いませんが、電車に乗るのは私も不安だし、実家の親も不安でしょう。真夏にマスク着用で1時間以上過ごすのは大変だと思いますが。


蛇足
Miccudo ランドマーク ポスト・イット 付箋 2個パックという商品がAmazonにありました。

 

ついでに

株式会社ランドマーク・ポストも、株式会社イートレックも、本店所在地は「大阪府豊中市千里園1丁目6番40号」です。しかし、自社ウェブサイトによると、何故か、本社がアメリカにあることになっています。何故でしょうか??本店所在地が豊中市なのに、どうして本社はアメリカなのでしょう?

 

"etrek" Fenno Drive Westminsterでグーグル検索しても、"e-trek" Fenno Drive Westminsterで検索しても、それらしい語学学校が検索されません。あるべきはずの本社が、なぜ検索結果として現れないのでしょうか。まさか、架空の会社とか、何か特別の事情でもあるのでしょうか?

 

政府のGo Toキャンペーンが始まりましたが、小池都知事は明日からの4連休について「外出はできるだけ控え、外出する場合には万全の準備をしていただきたい」と言っています。さらに、日本医師会の中川俊男会長は、「初心に帰り、県境を越えた移動や不要不急の外出を避けていただきたい」と協力を求めています。

 

We should make informed decisions/choices.

 

Definition of informed decision
a decision based on facts or information (Merriam-Webster)

a decision etc that is based on knowledge of a subject or situation (Longman)
Good information is essential if people are to make informed choices about services.

 

日本政府、都道府県知事、日本医師会はそれぞれ立場があるでしょうが、インターネットのお陰で自宅に居ながら良質の情報を入手することができます。これは本当にありがたいです。

 

 

上図は東京都の新規感染者数の推移です。大阪府の発生状況も似たようなものです。これを見て、各人が適切な判断をすれば良いと思います。To make informed choicesという表現は癌患者が化学療法を受けるか否かという状況でも使います。働き盛りの人なら、多少無理をしてでも完治を望むことが多いと思いますが、高齢者の中には疼痛緩和を中心にした療養を望むかもしれません。

 

 

『追記』
新型コロナウイルスの新規感染者は全国で795人だそうです。これまで最も多かった4月11日の694人を上回りました。大阪府でも過去最多を更新しています。アベノマスクは「税金の無駄使い」で終わったからマシですが、Go Toキャンペーンは大変な問題になりそうです。日本医師会のように責任ある立場の人がもっとメディアに出て欲しい。日本感染症学会の舘田一博さんも頑張って!今のままだと、スーパーに買物に行くのも何だか不安です。8月になって、気温が35度を超える日もマスク着用かと思うと気が滅入りそう。。。

 

菅官房長官みたいな政治家って、色々と経済的利害関係があるのだと思います。一度言い出したら後には引けないみたいなところも。でも、医療現場で働いている人ではありません。ところで、菅官房長官は連休中に家族で旅行するのでしょうか(苦笑)。

 

1週間の10万人あたり感染者数(都道府県別)
東京都: 11.01
大阪: 4.81
京都: 4.26
埼玉: 4.01


某ブロガー K.T. ↓

TackeyB

英語

語学

Link

Comment

Archive

Mobile

qrcode

PR

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM